モデルを上手く撮りたいと思う方は必見です【モデル撮影講座】

2015-10-25
モデル撮影さやか プロのカメラマンを目指そうとしている方へ、モデルの撮影方法をご紹介します。 まず、イメージや構図などを考えましょう。 同じ人物を撮るとしても、場所や時間帯によって全く変わってくるからです。 まずは場所です。 屋内で撮る場合、光の加減を上手くコントロールする必要があります。 必要に応じて、レフ板やストロボを使って外光を補いましょう。 もし外光があまり入ってこない屋内の場合は、クリップオンストロボを使用すると良いです。 ただ、モデルにストロボ光を直射してしまうと、強烈な光が入ることになり、影のきつい写真になってしまいます。 そうならない為にも、ストロボの発光部分を天井に向け、光を反射させましょう。 次は屋外です。 屋外の場合、場所によって写真の表現は変わってきます。 ただ、あくまでモデルの撮影ですので、背景を極端にぼかす等で人物をはっきりと表現していきましょう。 次に時間帯です。 朝・昼・夜と、時間によって、光の方向や色みなどが変わり、もちろん写真に変化が出てきます。 これらをうまく利用することが、プロに近づくために欠かせない技術なのです。 例えば夜の撮影です。 夜は暗くて撮れないと思われがちですが、そんな事はありません。 クリップオンストロボや街灯の光を使用したり、車のヘッドライトを使う事だって可能なのです。 このように、まずは自分が表現したい写真は、いつどこで撮ればいいか、考えてみましょう。 ====モデル商品撮影ならスタジオNOLIMIT==== プロのモデルを使用したモデル撮影のことならスタジオNOLIMITへ http://studionolimit.com

料金プラン

モデル商品撮影ページ画像

モデル商品撮影ページ画像

動画撮影ページ画像

ARCHIVE

Copyright© 2013 モデルで商品撮影ならスタジオノーリミット All Rights Reserved.