様々な角度を変えて撮影を試す【モデル撮影講座】

2015-05-01
モデル撮影谷   どんなにオシャレな洋服を着ても、メイクで工夫をしても、撮影する角度によって写真におさめる背景に負けてしまう場合があります。 場所や背景に負けないためには、様々な角度で何枚か撮り続けることが大切です。 しかし、モデル本人が必ずしも自分の一番美しい姿を写し出す角度を分かっているわけではありません。 ストーリー構成を考えてからカメラマン側はいくつか連射をして、人物本人の特徴やロケーションに自然に溶け込む瞬間を撮る必要があります。 フェイスを中心としたアップ写真でしたり、上半身や下半身まで全身を写真におさめるパターンとで、角度を調整しましょう。 同じロケーションでも、体と背景の距離によって明るさの入り方や全体的なバランスが変わります。 必ずしもモデルを中央に位置付ける必要はなく、斜めからの角度で撮影をするのも一つの方法です。 斜めから撮る場合だと、ある程度の経験が必要になりますが、初心者であれば、ぼやかしを加えると人物にインパクトを与えるでしょう。 また、自然な光が上手く入り込む角度にカメラの位置を持っていけば、自然な光を利用することが出来ます。 中央ばかりこだわらずに、モデルが美しく見える角度をとらえて撮影しましょう。

料金プラン

モデル商品撮影ページ画像

モデル商品撮影ページ画像

動画撮影ページ画像

ARCHIVE

Copyright© 2013 モデルで商品撮影ならスタジオノーリミット All Rights Reserved.