ひと手間で印象的な人物を写せるテクニック【モデル撮影講座】

2014-12-05
以前と比べて携帯、スマホで気軽に写真を撮る機会が増えています。 でも、実際に撮影してみると思ったより顔の表情が撮れていなかったりすることってありますよね。 人物のポートレートを撮りたいと思った時、簡単に出来るテクニックをご紹介します。 普段、カメラの背後に光源があった状態で写真を撮っていると思います。 ですが、コントラストが強い影が出来ること、また、モデル肌のシミやくすみなどのすべて見えてしまうというデメリットもあります。 人物のななめ後ろに光源があるように撮ると肌の余計なものが適度に隠されてしかも柔らかい印象の表情で撮ることができます。 顔の中で瞳が潤んだ感じで写るととても魅力的に見えます。 モデルの視線の先に光や白いものを置くだけで瞳に潤いが入り印象が変わります。 一番簡単な方法は、カメラを構える時に白い手袋をはめるだけです。 上半身の撮影なら顔の下に白い紙をしいても同じ効果を得られます。 人物との距離感でおすすめなのが、上半身を取る時に頭を少し切るように撮影することです。 モデルとの距離が近く親密感のあるような写真になります。 逆光では背景は綺麗に写りますが、前面にいる人物が真っ黒で顔も判別できない状態になってしまうことってありますよね。 そんな時はデジカメの機能などにもあるライトなどで人物に光を当てることで人物の表情も綺麗に見えます。 すぐに試せるものばかりです。 これまでとは一味違ったシーンが撮れますので、ぜひ気軽に試してみてください。

料金プラン

モデル商品撮影ページ画像

モデル商品撮影ページ画像

動画撮影ページ画像

ARCHIVE

Copyright© 2013 モデルで商品撮影ならスタジオノーリミット All Rights Reserved.