商品撮影のためのモデル撮影講座~ストロボを駆使してポートレートを撮る~

2014-06-27
下浦聖良 モデル撮影 ポートレートは撮影者の表現力によって成熟していく写真です。 初心者のうちからある程度モデル撮影の技術を学んでおけば、イメージが湧き上がってきた時にすぐに「この技術を使ったらいいんじゃないか?」 と判断できるので、基本的な事は使い込んで応用できるようになっておくのがおすすめです。 そして初心者でも簡単に使いこなせる技術の一つが、ストロボの照明効果です。 ストロボやそれに類似した商品はいろんなカメラメーカーから販売されていて、内臓電池や外付けバッテリーなど使い方も様々あるので自分に合ったものを見つけやすいでしょう。 その使い方ですが、ストロボの明かりを操ることによって撮影する写真に多様な効果を与える事ができます。 たとえば、昼間であっても逆光だったり真上からの光がある時には写真の人物は暗くなってしまいますが、ストロボを自然界の光とは逆の方向から入れる事によって影を消す事ができます。 同じ理屈で、木陰での撮影時に差し込む陽射しでモデルにまだら模様が出来てしまう時も、ストロボは効果があります。 明かりの色を変えることも可能です。 ただ人工的な明かりでもあるので直接浴びると強く陰影が出てしまうデメリットや、モデルの化粧が白すぎると明かりが反射してしまって真っ白に写ってしまう事もあります。 しかしそれらも、ストロボの明かりとモデルの間に半透明のシートを挟んだり、明かりがレフ版に反射してから被写体にあたるようにすると、できる陰影が薄くなるので柔らかい印象を作り出せるようになります。

料金プラン

モデル商品撮影ページ画像

モデル商品撮影ページ画像

動画撮影ページ画像

ARCHIVE

Copyright© 2013 モデルで商品撮影ならスタジオノーリミット All Rights Reserved.