商品撮影のためのモデル撮影講座~初心者でもモデルを上手に撮影する方法

2014-04-22
初心者でもモデルを上手に撮影する方法 写真とは本当に難しいものです。 どんなにモデルがよくても、その素材を活かすのはそのカメラマン次第です。 同じ素材で撮ったものでも、カメラマンの腕で全く違う写真になります。 いいカメラを使えば、確かにキレイな画像の写真は撮れます。 でも、それだけでは魅力的な写真は撮れません。 では、どのようにしたら初心者でも上手に撮影できるのでしょうか。 それは、構図にこだわることです。 最近、日の丸(撮りたいものをど真ん中に置いて撮影する方法)はよくないという方もいますが、初心者は日の丸でOKです。 自分が何をどのように撮りたいかをしっかり決めてから撮れば、日の丸でも充分魅力的な写真が撮れます。 撮るときには、画面に余計なものを入れずにキレイにしてから撮れば画面がスッキリし、より被写体であるモデルがキレイに見えます。 日の丸に慣れたら、次は三分割法をマスターしましょう。 最近では、デジカメの画面に三分割の線が出ますので、その線が交わるところに被写体が写るようにすれば、プロのような凝った構図の写真が簡単に撮れます。 最近、手ぶれ補正のあるカメラが増えましたが、それでも夜景でモデルを撮る場合には、三脚が必須です。 三脚は、手ぶれ補正を確実に防ぐ効果もありますが、それ以上撮っている方も撮られている方も本格的な撮影をしているという空気が出るという心理的効果を生みます。 自分が撮られていると考えた時に、やっぱり本格的な方が嬉しいものですしやる気にもなります。 カメラで写真を撮るのは、決して難しいものではありません。 最近では非常に値段も安くなっています。 気軽にチャレンジしてみましょう。

料金プラン

モデル商品撮影ページ画像

モデル商品撮影ページ画像

動画撮影ページ画像

ARCHIVE

Copyright© 2013 モデルで商品撮影ならスタジオノーリミット All Rights Reserved.